香水のような香りの石鹸|サボンジェム

サボンジェムの香りについて|石鹸の香りが香水みたい!

サボンジェムは宝石石鹸
宝石の原石の姿に見立てた石鹸です。

 

 

宝石と一つ違うのは香りをもっていること。

 

その香りのもとになっているのは開発者ドミニク・ノヴァクの
海外生活のなかで世界でも有名な
香水の街グラースから受けた影響にあります。

 

 

グラースは街の産業の特徴から
香りの力を必要としたために香水の産業も発達しました。

 

 

ドミニク・ノヴァクはグラースの大自然をテーマとし

 

自らの美容家としての力と
母親から受け継いだ芸術家のセンスを駆使し

 

サボンジェムを開発したのです。

 

 

グラースは世界でも有名な香水の都です。

 

 

18世紀の終わりから香水が主要産業になりました。
それまでは革なめしが主要産業だったのだそう。

 

皮革の手袋をはめたあとの臭いを消すために香水が発達したのだそう。

 

 

その後皮なめしの産業の衰退し香水産業だけが残っていったのです。

 

 

南フランスという土地柄香り高い花々がグラースには生産されます。

 

ラベンダー、ローズ、ジャスミン、ミモザなど
今日本でも人気の香りの花がたくさん咲くのです。

 

 

その光景は香水に興味がなくても見ておきたいという欲求にかられます。

 

 

宝石石鹸サボンジェムの香りは
グラースの香水の香りがします。

 

それはよくある強い香水の香りではなく
妊婦さんでも心地よいと感じる優しい香りです。

 

 

 

例えば

 

ローズクォーツの石鹸は
メイローズをトップノートにフレッシュなスズランと野バラの香りが加わります。

 

石鹸の姿も淡いピンクを基調にしたやさしい色。
まさにバラの香りがピッタリの宝石です。

 

 

アメジストの石鹸は

 

水性フローラルをトップノートにエキゾチックなイランイラン、ガーデニアをプラス。
宝石の色は紫ですからエキゾチックな香りが似合います。

 

 

ラピスラズリィの石鹸はブルーの石の色。

 

合わせた香りはローズウッドとネロリ。

 

ウッディなローズに似た香りとビターオレンジの柑橘系の香りが
ブルーのシャープな石にぴったりです。

 

 

ファイヤーオパールの石鹸はカラフルなその色に合った
フルーティーな香りです。

 

 

マスクメロンや白桃の魅惑的な香りは
うっとりとします。

 

 

石の姿もさまざまなカラーが混じり合い
美しいコントラストを醸しています。

 

 

マーブルの石鹸は白を基調にした石の姿です。

 

白い花のジャスミンの香りが馴染み深く落ち着いた気持ちにしてくれます。
オークモスの香りが優しさを添えて心地よくしてくれます。

 

 

宝石石鹸サボンジェムの姿をより一層魅惑的に彩る香り。

 

 

本物の宝石でも持てない素晴らしい香りを
サボンジェムはその姿にまとい

 

使う人に癒しの時をもたらしてくれます。

 

 

バスタイムや洗顔、そのままお部屋に飾るだけでも
その香りは私たちに憩いの時を与えてくれることでしょう。

 

 

宝石石鹸サボンジェムの魅力は宝石をかたどる姿だけではなく
誰しもがうっとりするその香りにもあるのです。

 

 

そばに置くだけで
いつもの生活が魅力的なものになり生活への活力も
与えてくれそうですね。

 

 

手にした人はきっと宝石石鹸サボンジェムのとりこになることでしょう。

 

 

サボンジェムについてもっと知りたい方は

 

↓ ↓ こちらをクリック ↓ ↓